茨城県議会議員選挙立候補者「菅井信」

menu

菅井信オフィシャルサイト

笠間市議会全員協議会:平成26年5月21日

笠間市議会全員協議会:平成26年5月21日
本日全協が行われ出席してきました。 山口市長が挨拶を行った後、執行部より人事案件等8件の報告、議会として、6月定例会初日の開催時刻の繰り上げ等4件が協議されました。
○執行部よりの報告事項(主なもの)
・6月議会に提案される人事案件(選挙管理委員会委員、教育委員会委員、監査委員、公平委員会委員、人権擁護委員)
・社会保障・税番号(マイナンバー)制度の概要と今後の対応について【別紙参照
制度の趣旨、仕組み、特定個人情報の保護、今後の対応スケジュールが示された。
・教育委員会庁舎の設計概要について【別紙参照
設計概要、設計の基本方針、図面が示された
・財産の処分について
笠間市が、老人ホーム入所待機者の削減を図ることを目的として、私有地を購入して特別養護老人ホーム整備・運営できる社会福祉法人を誘致し市街地の活性化及び遊休地の有効活用を図るため、6,785㎡を119,417,760円で社会福祉法人に売却する。(施設開所は27年4月1日)
・臨時福祉給付金・子育て世帯臨時特例交付金について【笠間市HP参照
所得の低い方約16,500人へ1人当り10,000円を交付
子育て世帯約9,400人へ1人当り10,000円を交付
7月上旬に通知書を発送し7月14日より受付を開始、申請後約30日で支給される。
・笠間市子ども子育て会議条例の一部を改正する条例について
平成27年4月から子ども・子育て支援制度が施行される事に伴い笠間市保育料審議会を廃止し、「子ども・子育て会議」に審議機能を移行する条例の改正を行う。
なお、制度改正の趣旨概要の説明資料は次回全員協議会にて示されることとなった。【内閣府参照
・幼保連携型認定こども園(笠間幼稚園・てらさき保育所)建設場所について【別紙参照
佐城小学校敷地に整備する幼保連携型子ども園の建設位置について変更したことが示された。
・笠間市市街地活性化基金条例の制定について
笠間市開発公社等各種団体、市民、民間企業からの寄付金や国の交付金、市の積立金等を原資として、市や民間事業者等が行う市街地活性化事業等に充当する事を目的とする基金を設置することが示された
○議会協議事項
・平成26年度第2回笠間市議会定例会初日の開会時間の繰り上げについて
議会本会議は通常は10時開会であるが、6月定例会初日は9時30分とする。
・茨城地方広域環境事務組合議会議員の選任について
・第16回議会改革活性化特別委員会の協議結果報告について
①一問一答方式の試行を行ったが、執行部に対し簡潔な答弁に努めるよう文書で要望する
「一括質問・一括答弁」と「一問一答」の2方式を残し選択制とする
②傍聴者の住所、氏名、年齢などを記載なしとする
③議会インターネット配信を9月定例会より実施する
④常任委員会の内容については継続検討を行う
⑤市民との意見交換について、土木委員会で実施する方向で準備を進めていりほか、特別委員会としては次回以降の検討課題とする。
⑥政務活動費については使途基準も含め今後検討する
⑦タブレット端末の委員会への持ち込みを試行的に可とする
・県央地域議長懇話会への参加要請について
水戸市議会が提唱した水戸市等9市で構成する「県央地域議長懇話会(仮称)」の設立に同意し参加することとする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連サイト







カテゴリー

最近のコメント